スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

ヒアルロン酸と関節痛の関係

体内のヒアルロン酸は、年齢とともに減少していくことは、これまでに紹介してきました。

ヒアルロン酸が減ってくると、肌にハリがなくなる、ということは女性にはおなじみだと思います。

しかし、このヒアルロン酸は、関節の動きをスムーズする働きもあるため、ヒアルロン酸が減少すると、関節の動きが悪くなったり、痛みを感じることがあります。


ヒアルロン酸は、関節の中で、クッションや、潤滑油として働いています。
加齢などによる、ヒアルロン酸の不足により、関節に痛みが生じてくるのです。

一般的に、関節の痛みを治すというと、貼り薬や、痛み止めの内服薬などによる治療が行われますが、このほかに肩や膝の関節に、ヒアルロン酸注射をする方法があります。


この注射は、高分子ヒアルロン酸を使用したもので、ヒアルロン酸を関節に直接注射することで、加齢などによって失われたヒアルロン酸を直接補給することを目的としていますが、関節でヒアルロン酸を生産する能力を高めたり、炎症や痛みを和らげたりする効果もあります。


なお、関節を痛めないためには、筋力を低下させないことや、膝への負荷を掛けること、特に肥満による関節への負担をかけないことも必要です。

日ごろから、無理のない適切な運動で、筋力の低下をさせないように心がけましょう。
   
category : ヒアルロン酸とは | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

ヒアルロン酸と関節痛の関係 | ヒアルロン酸とはサイトトップへ