スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸」は、ムコ多糖類というタンパク質と結合することで、細胞同士をつなげたり、細胞の隙間を埋めて、体の機能などをスムーズにするための成分です。

ヒアルロン酸は、水分を蓄えておく力が強く、人の皮膚の50%に存在しているのですが、このムコ多糖類が減ると、肌にハリがなくなったり、体のあちこちに痛みを感じたりの老化現象が進んでしまいます。

体内では皮膚や、目の中の硝子体、関節液などの濃度が高くなっていますので、ヒアルロン酸不足による、肌は水分不足による乾燥や、関節の痛み、目のトラブルがおきやすく、また体を老化させる原因です。

肌の乾燥や肌荒れ、関節の痛み、目の乾きに、食用ヒアルロン酸を投与すると、水分を保持する機能の上昇や、生理痛の緩和、肩こり、腰痛、関節痛、糖尿病などの改善もみられたことから、ヒアルロン酸が効くといわれています。


ヒアロルン酸は、いったん消化吸収され体内の代謝によって再び合成ますので、低分子加工されているのでサプリメントのほうが効果的に吸収できます。


食用以外にも、優れた保水力をもつヒアルロン酸は、化粧水や入浴剤、スキンクリームなどに皮膚に潤いを与えるための成分として使用されていたり、洗眼液、洗口液にも使用されています。

医薬品としては、高純度のヒアルロン酸が眼科手術補助剤や点眼剤、関節機能改善剤などに使用されています。
   
category : ヒアルロン酸とは | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

ヒアルロン酸とは | ヒアルロン酸とはサイトトップへ