スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

ヒアルロン酸と関節痛の関係

体内のヒアルロン酸は、年齢とともに減少していくことは、これまでに紹介してきました。

ヒアルロン酸が減ってくると、肌にハリがなくなる、ということは女性にはおなじみだと思います。

しかし、このヒアルロン酸は、関節の動きをスムーズする働きもあるため、ヒアルロン酸が減少すると、関節の動きが悪くなったり、痛みを感じることがあります。


ヒアルロン酸は、関節の中で、クッションや、潤滑油として働いています。
加齢などによる、ヒアルロン酸の不足により、関節に痛みが生じてくるのです。

一般的に、関節の痛みを治すというと、貼り薬や、痛み止めの内服薬などによる治療が行われますが、このほかに肩や膝の関節に、ヒアルロン酸注射をする方法があります。


この注射は、高分子ヒアルロン酸を使用したもので、ヒアルロン酸を関節に直接注射することで、加齢などによって失われたヒアルロン酸を直接補給することを目的としていますが、関節でヒアルロン酸を生産する能力を高めたり、炎症や痛みを和らげたりする効果もあります。


なお、関節を痛めないためには、筋力を低下させないことや、膝への負荷を掛けること、特に肥満による関節への負担をかけないことも必要です。

日ごろから、無理のない適切な運動で、筋力の低下をさせないように心がけましょう。
   
category : ヒアルロン酸とは | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ヒアルロン酸の効果的な摂取方法

ヒアルロン酸は、年齢と共に減少していきます。

しかし、ヒアルロン酸の代謝はとても早く、十分な量のヒアルロン酸を保持していくことはかなり困難です、しかも、普通の食事からヒアルロン酸を摂取することは難しいのです。

そこで、「飲むヒアルロン酸」など、サプリメントの活用をオススメします。

また、摂取する時間なども、肌が生まれ変わるサイクルに合わせて飲むと効果的で、就寝前の、夜22時〜26時の間にこれらのヒアルロン酸を摂取するとで、体内に上手くヒアルロン酸が吸収されるといわれています。

就寝前に飲むと、朝起きたときに肌の”もちもち”、”ふっくら”とした感触を感じやすいようです。

また、日常的に摂取して、不足している分を補給を続けることも必要です。


ヒアルロン酸の飲み方は、製品によって違いますが、最初は用法に従って摂取し、効果が実感できたら、徐々に減らしていくと有効かつ、経済的に続けていくことが出来ます。
   
category : ヒアルロン酸とは | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸」は、ムコ多糖類というタンパク質と結合することで、細胞同士をつなげたり、細胞の隙間を埋めて、体の機能などをスムーズにするための成分です。

ヒアルロン酸は、水分を蓄えておく力が強く、人の皮膚の50%に存在しているのですが、このムコ多糖類が減ると、肌にハリがなくなったり、体のあちこちに痛みを感じたりの老化現象が進んでしまいます。

体内では皮膚や、目の中の硝子体、関節液などの濃度が高くなっていますので、ヒアルロン酸不足による、肌は水分不足による乾燥や、関節の痛み、目のトラブルがおきやすく、また体を老化させる原因です。

肌の乾燥や肌荒れ、関節の痛み、目の乾きに、食用ヒアルロン酸を投与すると、水分を保持する機能の上昇や、生理痛の緩和、肩こり、腰痛、関節痛、糖尿病などの改善もみられたことから、ヒアルロン酸が効くといわれています。


ヒアロルン酸は、いったん消化吸収され体内の代謝によって再び合成ますので、低分子加工されているのでサプリメントのほうが効果的に吸収できます。


食用以外にも、優れた保水力をもつヒアルロン酸は、化粧水や入浴剤、スキンクリームなどに皮膚に潤いを与えるための成分として使用されていたり、洗眼液、洗口液にも使用されています。

医薬品としては、高純度のヒアルロン酸が眼科手術補助剤や点眼剤、関節機能改善剤などに使用されています。
   
category : ヒアルロン酸とは | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
ヒアルロン酸とは | ヒアルロン酸とはサイトトップへ